身体のコラム

身体のコラム:NO.5股関節の内転筋群

たまにはピラティスインストラクターとして専門の身体について投稿をします!

今年の始めから、左内腿の筋肉に強ばりを感じる。筋肉痛まではいかないが、脚を開脚するとき、いつもより開脚しずらい。

原因は、ゴルフ!なのは分かっている…(´-ω-`)

わたしたちの身体の内腿には、
内転筋群と言われる筋肉が存在している。

恥骨筋、長内転筋、短内転筋、薄筋、大内転筋

これらの中で、わたしが負荷を掛けすぎている筋肉は「薄筋」だ。ゴルフスイングの最後に、股関節を内旋させてしまっているのか、体重を掛けすぎてしまっているのか、これについては、どなたかプロの方に指導を仰いだ方がいいかもしれない。。

日頃から、ピラティスのクライアント様の身体をみさせてもらっていても、姿勢や筋力バランスの不具合により、その代償によって腰痛や肩凝りを感じる人が多い。

ピラティスで体幹を鍛えながら筋肉バランスを整えていけば、怪我予防にもなるしパフォーマンスも向上していく。

人のことばかりでなく、わたし自身もピラティスをしなくちゃ!ね、笑

山田 裕子(ヒロコピラティススタジオ代表)

山田 裕子(ヒロコピラティススタジオ代表)

hiroko pilates®︎ インストラクタートレーナー

関連記事

最近の記事

  1. 今後のブログ投稿について

  2. 夢を追い続けて…

  3. ピラティスの歴史と誕生秘話

  4. 美しい風景シリーズ13

  5. 美しい風景シリーズ12

おすすめ記事