ピラティス日記

傷害のある方も安心してセッションできます!

歳を重ねてきて膝への負担から
膝に水が溜まってしまったお客様のMさん。

過去に30回以上も水を抜く注射を受け続けていたら、
注射のあと膝周囲の筋肉が固まり全身にまで
激痛が走るようになったとのこと…(>_<;)

ピラティスは、もとは、第一次世界大戦の時に
負傷兵のリハビリとして
考案されたエクササイズですので
わたしも傷害のあるクライアント様に向けた
指導も、させていただいております。

その際、ピラティスでは、専門マシンの
リフォーマーに乗ってスプリングからの低負荷による
中間位の動きでゆっくりと深層の筋肉にアプローチしていきます。

DSC_6930
そして60分のセッションのあと…
最初、出来なかった立位での膝の屈伸が、
らくに出来るようになりました。
DSC_6936

DSC_6937
ピラティスでは、骨盤と脊柱はニュートラルで
膝だけでなく股関節と足首も連動させた
アプローチ方法です。傷害をお持ちの方も
安心してピラティスの体験にいらしてくださいね。

山田 裕子(ヒロコピラティススタジオ代表)

山田 裕子(ヒロコピラティススタジオ代表)

hiroko pilates®︎ インストラクタートレーナー

関連記事

最近の記事

  1. 🍀夏の小さなスタジオガーデン

  2. 清らかな蓮の花とお悔やみ…

  3. 楽しみすぎる注目の映画2作品

  4. 小さな家庭菜園🍆

  5. 今週はご予約が満席🈵です。

おすすめ記事