ピラティス日記

どのようにピラティスでアプローチしていくか…

自己流の筋トレで、ベンチプレスをやり過ぎたらしく
肩の痛みの激しい男性のクライアント様が
週イチでプライベートセッションにいらしています。

ピラティスに通ってくださり
少しずつ改善の兆しはあるけれど..
まだまだ先は長いように感じます。。

肩の周囲には筋肉が密集しているために
プロのスポーツ選手
(野球のピッチャーやテニスプレイヤー)でさえ
痛めてしまう肩回旋筋群。

ピラティスで、
どのようにアプローチしていくのが最善なのか。

優秀な解剖学書を開き
痛めた箇所の確認とアプローチを練りました。

s_DSC_2421 (1)
s_DSC_2420

身体のしくみは奥が深く学ぶほどに面白い!

山田 裕子(ヒロコピラティススタジオ代表)

山田 裕子(ヒロコピラティススタジオ代表)

hiroko pilates®︎ インストラクタートレーナー

関連記事

最近の記事

  1. 2022年度ピラティスインストラクター養成コース開催日決定!

  2. サンダルに映えるフットジェルネイル♪

  3. 🍀夏の小さなスタジオガーデン

  4. 清らかな蓮の花とお悔やみ…

  5. 楽しみすぎる注目の映画2作品

おすすめ記事