ピラティス日記

脊柱側弯症のピラティスでのプログラミング

6/7に、学び舎である大阪の心斎橋にある
ストットピラティスのトレーニングセンターへ行き
「脊柱側弯症のプログラミング」のワークショップを受講してきました。

内容は大変に充実していて
クライアント様に提供したら
喜んでいただけそうなものばかりでした。

さて、側弯症(脊柱が10度以上に弯曲)ですが
意外にも10歳~15歳の思春期の女児に多く発症します。

急激な成長により筋肉や靭帯を脊柱が支持できなくなる場合や、
習慣性の姿勢や動作によって引き起こされます。

一側性の上肢を使用するスポーツ
(テニス、卓球、ゴルフ)や、赤ちゃんを腰で抱っこするママたちにも発症する場合があります。

側弯をそれ以上に進行させない、または、
そうならない身体作りのために、
気になる方は、ぜひ体験にいらしてくださいね!

スタジオガーデンには
咲き誇るように咲いているシャクヤク♡

スタジオが華やかになりました!

Fotor_149691079368537

山田 裕子(ヒロコピラティススタジオ代表)

山田 裕子(ヒロコピラティススタジオ代表)

hiroko pilates®︎ インストラクタートレーナー

関連記事

最近の記事

  1. 🍀夏の小さなスタジオガーデン

  2. 清らかな蓮の花とお悔やみ…

  3. 楽しみすぎる注目の映画2作品

  4. 小さな家庭菜園🍆

  5. 今週はご予約が満席🈵です。

おすすめ記事