ピラティスの歴史

ピラティスはドイツ人のジョセフ・H・ピラティス(1880-1967)が考案したエクササイズです。
ジョセフ・ピラティスは、幼少の頃から喘息・リウマチに悩まされ虚弱体質でした。
しかし、体操選手の父と、自然療法医の母の影響を受けて西洋・東洋の様々な運動や解剖学・生理学を積極的に研究し、独自のエクササイズの土台を作りました。
1912年にイギリスに渡ったのちに、第一次世界大戦に捕虜として参加。
その時に看護師として働くうちに、負傷兵のリハビリとして、「ベットを改良して行うフィットネスプログラム」を考案します。
これが、後にピラティス専門マシンのリフォーマーとなります。

近年では更に改善され、ハリウッドのセレブな女優たちに支持され「しなやかでかつ柔軟そしてストロングなパーフェクトボディ」を目指す人たちの間で評判となり、 日本に渡ってきました。現在は多くのアスリートが積極的にトレーニングにピラティスを取り入れています。
また、医療現場では怪我の後遺症のリハビリとしてピラティスを取り入れ大きな成果を上げるなど、幅広い層の人々に愛好され、 均整のとれたカラダづくりと正しい姿勢の保持に役立つピラティスの人口は、現在、世界主要国において1200万人を超えると言われています。

ピラティスの特徴

ピラティスの最大の特徴は「関節や筋肉に負担をかけることなく体の奥にある小さな筋肉から表面にある大きな筋肉まで、左右バランスよく全体的に鍛える」という、画期的メソッドという点です。
自分の体と向き合いながら、骨格・筋肉の正しい動きを意識して動かしていきます。
深い呼吸と流れるような動きのリズムに意識を向けながら、動きの「量」より「質」を重視します。正しい姿勢と機能的な体の動きに重要な体の深部「コア」(腹部・背部・骨盤の筋肉)を鍛えていきます。

ピラティスの効果

体に余計な負担をかけずにインナーマッスル(体の奥の小さな筋肉)や体のゆがみを整えることができます。

  1. 腹筋を引き締めます
  2. 長く、しなやかな筋肉をつくります
  3. 姿勢の改善・美しいボディーラインをつくります
  4. ケガの予防・腰痛・肩コリの解消
  5. 血行促進とリラックス効果・ストレスの解消
  6. 便秘・むくみの解消
  7. 筋力と柔軟性のバランスがとれた体に改善します
  8. 集中力を高めます
  9. スポーツ競技の持久力・体力のレベルアップ
  10. 基礎代謝をアップさせ太りにくい体質に改善します

今後も最新の情報を取り入れ、より一層完成度の高いプログラムやサービスを提供していきます。

After 10 sessions you'll notice a difference,
after 20 others will notice...,after 30 you'll have a whole new body...
― Joseph Pilates

ピラティスを10セッション受けた後には違いがわかり、
20セッション終了後には違いを理解し、30セッション終了後にはまったく新しい身体を手に入れているでしょう。
― ジョセフ・ピラティス