ピラティス日記

若さの秘訣は背骨の柔軟性!

今日はピラティスのお話です。

同じ年齢でも若々しく見える人と老けて見える人。
この違いはどこから来るのでしょう。

大きく影響するのが「背骨の柔軟性」です。

ピラティス創始者ジョセフ・ピラティス氏の言葉です。
「あなたが30歳でも背骨が硬ければ歳を取っている。あなたが60歳でも背骨が柔らかければまだ若い。」

小さな骨が連なって緩やかなS字のカーブを描いている背骨。

その背骨は、バネのように柔軟性があれば
身体が受ける衝撃を吸収してくれるのですが
硬くなってしまうと、衝撃を吸収する力が弱まり
各関節(首,肩,肘,膝,腰など)に何10キロ、
何100キロという負荷がかかり様々な痛みが発生してきます。

ピラティスを続けていると
各関節に負担をかけることなく背骨が柔軟になり
しなやかで若々しい身体に変わっていきます。

かつて、ある施設で前屈測定器の柔軟年齢を
チェックしてもらったら
「わー28歳ですよー!!!!」と驚かれて有頂天になったわたしです(笑)

s_Fotor_150576438020026

山田 裕子(ヒロコピラティススタジオ代表)

山田 裕子(ヒロコピラティススタジオ代表)

hiroko pilates®︎ インストラクタートレーナー

関連記事

最近の記事

  1. ほっくほくです(*´∀`)♪

  2. 間に合って良かった!

  3. hiroko pilates インストラクター養成コース始まりました!!

  4. 女性が憧れるカッコよさ。

  5. 20年以上、翻訳のお仕事をされているお客様が体験に!

おすすめ記事