ピラティス日記

お尻の筋肉(臀筋)を緩めて鍛える!

ピラティスのクライアント様で多い訴えで、
腰が痛い、坐骨神経痛がある、ヘルニアや
脊柱間狭窄症を患ってから腰が硬い。
などがあります。

姿勢を分析させていただくと皆様に共通しているのは立ち姿勢や歩き方の際に、
股関節を外転、外旋(いわゆるガニ股)しているケースが多いのが特徴です。

その場合、臀部が短縮して固まってしまうので
まずは手技で臀部の筋膜を緩めてから
ピラティストレーニングをして
自然な立ち姿勢へと導きます。

ココロとカラダと向き合うようになると
ご自分の身体が変わっていく変化が実感出来て楽しいです。

他人任せでなく、自分の身体は自分で鍛えましょう!

山田 裕子(ヒロコピラティススタジオ代表)

山田 裕子(ヒロコピラティススタジオ代表)

hiroko pilates®︎ インストラクタートレーナー

関連記事

最近の記事

  1. 夫婦で楽しくペアレッスン♪

  2. hiroko pilatesマットピラティスインストラクター養成コースの7日目が終わりました!

  3. ほっくほくです(*´∀`)♪

  4. 間に合って良かった!

  5. hiroko pilates インストラクター養成コース始まりました!!

おすすめ記事