ピラティス

メロンパンのようなクッション!

 

おはようございます。

 

山梨県北杜市小淵沢町のピラティス専門スタジオ
ヒロコピラティススタジオ代表 山田裕子です。

 

早朝、森の中から音響エコーを利かせた
響き渡るカッコーの目覚ましで目が覚めました。

 

ガーデンで薔薇のお手入れをしてスタジオに飾り
本日ご予約のお客様へのピラティスの準備をしました。
 
s_DSC_2877

 

まるで、巨大メロンパンのような道具が
最近ピラティスのお客様に大好評!
 
s_DSC_2887

 

仰向けになり、肩&肩甲骨と臀部&骨盤を
各々のクッションに乗せて、
体幹でぐらつかないように手足を動かします。

 

メロンパンのように弾力があるのは同じでーす!

 
__________________________________________

ココロとカラダが元気になるピラティス
意識せずに背筋が伸びて姿勢が良くなる

********************************************

ヒロコピラティススタジオ
STOTT PILATES®
Full Certified 認定インストラクター
山田裕子(Hiroko Yamada)

【TEL】0551-45-6850
【ADDRESS】〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10142-2
【OPEN】10:00~20:00(最終セッション受付19:00)
【CLOSE】月曜日・火曜日

____________________________________________

16歳女子への脊柱側弯症に向けたピラティスでのアプローチ

 

こんにちは。

 

山梨県北杜市小淵沢町のピラティス専門スタジオ
ヒロコピラティススタジオ代表 山田裕子です。

 

ピラティスのお客様が、高校2年生になる娘さんの側弯症を心配して
ピラティスプライベートセッションに通ってくださることになり、2回目のセッションでした。

 

思春期(10歳~15歳)に発症すると言われる脊柱側弯症。
クライアント様は16歳の女子です。
 

胸椎下部から腰椎に掛けての側弯がありますが…
頭も体も柔軟性と多様性がある時期なので、たった2回目で動画のような体幹の安定性!

 

動画は、脊柱を支える深層筋である多裂筋にフォーカスしたピラティスのアプローチです。
 
“>

 

before→afterでは側弯の弯曲が少し改善され
継続することで得られる効果が楽しみになりました。

 

何より、本人が、姿勢の良い自分の姿を鏡で見て驚いていました。

 

★側弯症プログラミングの、ジュニア割引記事はコチラからご覧ください。
http://hiroko-pilates.com/2017/06/08/

 

多裂筋にフォーカスする!

 

こんにちは。

 

山梨県北杜市小淵沢町のピラティス専門スタジオ
ヒロコピラティススタジオ代表 山田裕子です。

 

ピラティスは体幹を鍛えるエクササイズだと段々と認識されるようになってきました。

 

骨盤と腰背部を支えるのが腹部のインナーマッスル「腹横筋」。
身体の体幹において要の筋肉です。

 

それと同じく重要なのが、脊柱を深層で支えている「多裂筋」です。

 

○写真、オレンジマーカーの部分
 
s_DSC_2773

 

わたしのクライアント様に、側弯、脊柱すべり症、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、などなど
脊柱に負担を抱える方がいらっしゃいますが、この「多裂筋」をフォーカスして鍛えていくと
段々とバランスのいい姿勢に変化して身体が楽になるようです。

 

ピラティスは解剖学で身体のしくみを学んでエクササイズを選択していくことが、楽しいです。

 

10/7~10/16までヒロコピラティススタジオで開催する
ストットピラティスIMPマットインストラクター養成コースを受講して、お仕事に生かしてみませんか?

 

早割申込〆切は7/7です!
 
http://hiroko-pilates.com/category/academy/

 

軽やかに年を重ねるために必要なこと

 

こんにちは。

 

山梨県北杜市小淵沢町のピラティス専門スタジオ
ヒロコピラティススタジオ代表 山田裕子です。

 

今日は、ヘアメイクアーティスト藤原美智子さんが
マッサージは時々の駆け込み寺として通い、ピラティスで
カラダを調整している、という記事を見つけたのでご紹介します!

 

今年59歳になるにはとても思えない、若々しくて美しい藤原美智子さん。
軽やかに年を重ねるために必要なこととしてピラティスをされているそうです。

 

img_1f475754fb5c84ea99960b0657b4a047632334-2[1]

 

以下はコラムの抜粋です。

 

「ちょうど3年前から、週に1度のピラティスのパーソナルレッスンを取り入れています。
半年を過ぎたころから明らかにカラダのラインが変わってきて、本当にびっくり!
お尻の位置が1センチ上がったんです。この年になって1センチという喜びは深いんですよ(笑)
あとね、1ミリ深くカラダが曲げられるようになったとか(笑)

 

若い頃はすぐに結果を求めていたけど、半年、1年後…
そういう長い目で自分を見てあげられるようになって、とても心地がいいです。

 

ピラティスだって、最初の半年は“その筋肉を意識して”と言われても、
どこの筋肉のことを言われているかさっぱりわからない。
でも、あせらず続けることでカラダの感覚が研ぎ澄まされてきて。
鍛えるのではなく、歪みやコリから解放して“正す”という意味がわかってきました。
筋肉の使い方を覚えたら、人頼みにならないで、自分で肩コリや腰痛もケアできるようになりますよ。
カラダのコリと歪みっていう弱点に正面から取り組んですごくよかったです」

 

全文の記事はコチラから
http://www.joseishi.net/2017/01/11/19367/

 

____________________________________________

ココロとカラダが元気になるピラティス
意識せずに背筋が伸びて姿勢が良くなる

********************************************

ヒロコピラティススタジオ
STOTT PILATES®
Full Certified 認定インストラクター
山田裕子(Hiroko Yamada)

【TEL】0551-45-6850
【ADDRESS】〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10142-2
【OPEN】10:00~20:00(最終セッション受付19:00)
【CLOSE】月曜日・火曜日

____________________________________________

脊柱側弯症のピラティスでのプログラミング

 

こんにちは。

 

山梨県北杜市小淵沢町のピラティス専門スタジオ
ヒロコピラティススタジオ代表 山田裕子です。

 

6/7に、ピラティスの学び舎である大阪の心斎橋にある
ストットピラティスのトレーニングセンターへ行き
「脊柱側弯症のプログラミング」のワークショップを受講してきました。

 

内容は大変に充実していて、クライアント様に提供したら
喜んでいただけそうなものばかりでした。

 

さて、側弯症(脊柱が10度以上に弯曲)ですが、意外にも、
10歳~15歳の思春期の女児に多く発症します。

 

急激な成長により筋肉や靭帯を脊柱が支持できなくなる場合や、
習慣性の姿勢や動作によって引き起こされます。

 

一側性の上肢を使用するスポーツ(テニス、卓球、ゴルフ)や、
赤ちゃんを腰で抱っこするママたちにも発症する場合があります。

 

側弯をそれ以上に進行させない、または、そうならない身体作りのために、
気になる方は、ぜひ体験にいらしてくださいね!

 

思春期のお子様がいらっしゃるお母様は、お子様のためのピラティスをオススメします。
(ジュニア割引あり/ 13歳~18歳/ 1回 60分 4,000円)

 

久しぶりにスタジオに戻ってきたら
咲き誇るように咲いていたシャクヤク♡

 

スタジオが華やかになりました!

 

Fotor_149691079368537

 

____________________________________________

ココロとカラダが元気になるピラティス
意識せずに背筋が伸びて姿勢が良くなる

********************************************

ヒロコピラティススタジオ
STOTT PILATES®
Full Certified 認定インストラクター
山田裕子(Hiroko Yamada)

【TEL】0551-45-6850
【ADDRESS】〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10142-2
【OPEN】10:00~20:00(最終セッション受付19:00)
【CLOSE】月曜日・火曜日

____________________________________________

膝痛、膝が伸びない方は必見!

 

こんにちは。

 

山梨県北杜市小淵沢町のピラティス専門スタジオ
ヒロコピラティススタジオ代表 山田裕子です。

 

馬のまち小淵沢では馬術競技が盛んです。

 

小淵沢に移転してきたとき
「馬術をする人がピラティスをしたら絶対に良いし喜ばれるはず!」と思い続けてきました。

 

すると、最近、2名の女性が通ってくださるようになり大変に喜ばれています。

 

40年間、馬術競技に携わってきた59歳の女性。
筋力の衰えと曲がったまま伸びない両膝をバランスよく改善したい!という目標で通っています。 

 

膝は、馬術に限らず、様々なスポーツで障害が多いです。
運動に限らず、一日中、PCに向かう職業や立ち仕事の方は
膝が硬くなり曲がったまま伸びないことが見受けられます。

 

そんな、別名…「膝上のポニョ」をピラティスでスッキリさせましょう!

 

★動画は、膝を伸ばすトレーニングです。
負荷は個々に合わせて調整していきます。

 

 

____________________________________________

ココロとカラダが元気になるピラティス
意識せずに背筋が伸びて姿勢が良くなる

********************************************

ヒロコピラティススタジオ
STOTT PILATES®
Full Certified 認定インストラクター
山田裕子(Hiroko Yamada)

【TEL】0551-45-6850
【ADDRESS】〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10142-2
【OPEN】10:00~20:00(最終セッション受付19:00)
【CLOSE】月曜日・火曜日

____________________________________________

身長が伸びているけど大丈夫ですか?!

 

こんにちは。

 

山梨県北杜市小淵沢町のピラティス専門スタジオ
ヒロコピラティススタジオ代表 山田裕子です。

 

2年間通ってくださっている背の高い60歳のクライアント様。
1年ぶりに人間ドックで身長を計測してもらっていたら
係りの人がびっくりして…

 

「身長が1cmも伸びていますが…大丈夫ですか?!」

 

と言ったそうです。
身長168cmのクライアント様。

 

年を重ねるほど縮んでしまう身長ですが
ピラティスをしていると背筋が伸びていくのです。

 

s_DSC_2563

 

年を重ねても美しい姿勢でありたいですね。

 
____________________________________________

ココロとカラダが元気になるピラティス
意識せずに背筋が伸びて姿勢が良くなる

********************************************

ヒロコピラティススタジオ
STOTT PILATES®
Full Certified 認定インストラクター
山田裕子(Hiroko Yamada)

【TEL】0551-45-6850
【ADDRESS】〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10142-2
【OPEN】10:00~20:00(最終セッション受付19:00)
【CLOSE】月曜日・火曜日

____________________________________________

Google アナリティクスレポート

 

こんにちは。

 

山梨県北杜市小淵沢町のピラティス専門スタジオ
ヒロコピラティススタジオ代表 山田裕子です。

 

10月開催のストットピラティス初級・中級マットインストラクター養成コースご案内告知を
3/28にウェブサイトに掲載してから5/20までの閲覧者は99名でした。

 

card

 

感心を持っていただけるのは有難いこと。

 

熱意ある皆様のお申し込み、お待ちしております!

 

7/7までの申込と入金で早割あり、です。
 

10月開催!ピラティス初級・中級マット(IMP)インストラクター養成 コースのご案内

 

____________________________________________

ココロとカラダが元気になるピラティス
意識せずに背筋が伸びて姿勢が良くなる

********************************************

ヒロコピラティススタジオ
STOTT PILATES®
Full Certified 認定インストラクター
山田裕子(Hiroko Yamada)

【TEL】0551-45-6850
【ADDRESS】〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10142-2
【OPEN】10:00~20:00(最終セッション受付19:00)
【CLOSE】月曜日・火曜日

____________________________________________

ピラティスを広めるために…✨

 

こんにちは。

 

山梨県北杜市小淵沢町のピラティス専門スタジオ
ヒロコピラティススタジオ代表 山田裕子です。

 

今日はピラティスのお話です。

 

生まれつき身体が弱かったジョセフ・ピラティス氏は青年になるまでに身体を鍛えて
当時の解剖学書のモデルに選ばれるくらい頑丈になりました。

 

Joseph_Pilates_photo[1]

 

第一次世界大戦で兵士として戦争に加わった際には、負傷した兵士たちを回復させるための運動として
リハビリからスタートしたのがピラティスの始まりです。

 

その後、戦争が終わりピラティスを広めるべくアメリカに渡ってスタジオを開設してからは
バレリーナやダンサーから始まりあらゆるスポーツ選手に浸透していきます。

 

ピラティス氏は、当初、すぐに受け入れられなかったとき
「このメソッドは30年後には多くの人に受け入れられているだろう」と予見していました。

 

現代では、ピラティス氏の予見した通り体幹の重要性が認知されるようになりました。

 

わたしも遺志を受け継ぐ一人のインストラクターとして、
ピラティスを伝えていきたいと思います。

 

ピラティスは、人生が…変わりますよ!

 
____________________________________________

ココロとカラダが元気になるピラティス
意識せずに背筋が伸びて姿勢が良くなる

********************************************

ヒロコピラティススタジオ
STOTT PILATES®
Full Certified 認定インストラクター
山田裕子(Hiroko Yamada)

【TEL】0551-45-6850
【ADDRESS】〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10142-2
【OPEN】10:00~20:00(最終セッション受付19:00)
【CLOSE】月曜日・火曜日

____________________________________________

どのようにピラティスでアプローチしていくか…

 

こんにちは。

 

山梨県北杜市小淵沢町のピラティス専門スタジオ
ヒロコピラティススタジオ代表 山田裕子です。

 

自己流の筋トレで、ベンチプレスをやり過ぎたらしく
肩の痛みの激しい男性のクライアント様が、週イチでプライベートセッションにいらしています。

 

ピラティスに通ってくださり少しずつ改善の兆しはあるけれど..
まだまだ先は長いように感じます。。

 

肩の周囲には筋肉が密集しているために、プロのスポーツ選手
(野球のピッチャーやテニスプレイヤー)でさえ痛めてしまう肩回旋筋群。

 

ピラティスで、どのようにアプローチしていくのが最善なのか。

 

優秀な解剖学書を開き、痛めた箇所の確認とアプローチを練りました。

 

s_DSC_2421 (1)
 

s_DSC_2420

 

身体のしくみは奥が深く学ぶほどに面白い!

 

____________________________________________

ココロとカラダが元気になるピラティス
意識せずに背筋が伸びて姿勢が良くなる

********************************************

ヒロコピラティススタジオ
STOTT PILATES®
Full Certified 認定インストラクター
山田裕子(Hiroko Yamada)

【TEL】0551-45-6850
【ADDRESS】〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10142-2
【OPEN】10:00~20:00(最終セッション受付19:00)
【CLOSE】月曜日・火曜日

____________________________________________